香りの身だしなみ

女性にとって、香りはとても重要です。気分を盛り上げたり落ち着けたりしてくれるのはもちろん、気になる臭いを消してくれたり、あるいはおしゃれとして香りをまといます。香水やオーデコロンのほか、柔軟剤の香りやアロマ・ハーブなど、様々な香りを楽しむことができます。そして、その香りの効果は仕事においても発揮できるかもしれません。たとえば、ローズの香りは心を落ち着けて、ストレスを緩和してくれるといわれています。柑橘系の香りはリフレッシュ効果があり、ミントの香りはイライラを鎮めてくれます。また、夏の汗の匂いなども、香りでごまかすことができます。
とはいえ、香りは自分だけが感じるのものではなく、周りに発散するものです。職場においては、やはり控えめにすべきでしょう。過度な露出や、あまりに過激な服装・化粧はオフィスにはふさわしくないと誰もが感じるのと同じように、多くの人の集まるところで強く主張する香りは好まれません。それに加え、「おしゃれ」としても逆効果になってしまいます。良い香りは、表情や服装・姿勢や話し方などと同じように、その人の印象を決めるものの1つなので、鼻につくというのは避けたいところです。自分の好みを他人に押し付けない・他人の立場になって考えることができれば、香りの適量を心得ることができるのではないでしょうか。周りの人が心地よく過ごせるように配慮するのが、働く女性の身だしなみでしょう。このようなサイトもありました>>>『働く女性のにおいマナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です