仕事中でもモテを意識

休日や仕事終わりのデートの時など、好きな香水を付けるという人は多いでしょう。しかし、仕事の時はあえて付けないという女性は多いのではないでしょうか。香水の匂いは、場合によってはスメルハラスメントともなってしまうこともあり、職場には付けていくべきではないという意見もあるようです。しかし、香水は正しく付けることで、仕事中でもモテを意識しながら自分のモチベーションも高めることが出来ますそのためには、まずは香りの選び方がポイントです。単純に、自分の好きな香りを選ぶのもいいですが、あまり甘すぎる香りだと、やはり職場には適さないことも多いと思います。そのため、甘い香りはプライベートな時間で楽しむことにし、職場ではすっきりさわやかな香水を付けるといいでしょう。石鹸やシャンプーのような香りは男女ともに好感度を高めてくれる効果もあり、清潔感も演出することが出来ます。そして、付け方も重要なポイントです。一般的に首元に付けるという人が多いですが、首元だと香りが強くなりすぎてしまうことが職場では少し問題となります。さりげなく香らせるためには、露出している首や腕ではなく、お腹や背中など洋服で隠れている部分に付けることがポイントです。洋服に隠れているので強すぎず、動いた時にさらっと香る程度なのでちょうどいいのです。自分ではあまり香りに気付かない位でも、他人からするとふんわりといい香りが漂っているはずなので、嫌みにならず職場でもモテを意識しつつ好感度を高めてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です