香水で変わるあなたの印象

香水は、知られている限りでは紀元前1850年頃からギリシャで使用されていました。16世紀から19世紀頃までは、ヨーロッパではお風呂に入ると病気になるといわれていたため、香水は身体の臭い消しのためにごく当たり前のように必要とされていました。日本ではお風呂に浸かるという習慣があるのですが、外国では、シャワーや頻繁にお風呂に浸からないということが多く、今でも香水は生活必需品なのです。そのため、日本では香水を使用したことがないという人がいてもおかしくはないのです。しかし、風に香ったりほんのり香るだけで気分が良くなったり、記憶に残ったりするのです。嗅覚とは、人間にとってとても記憶に残るもので、例えば海のそばに住んでいた人は海の香りを感じるだけで懐かしい気分になったり、石鹸の香りを感じるとどこか清潔に感じたりしますよね。つまり、香りひとつでその人の印象はずいぶんと変わるのです。美人で優しい女性から少しキツイ香りがすれば、がっかりしてしまいますよね。しかし、やみくもにつければ良いというものでもありません。つけすぎてしまうと、相手に不快感をあたえてしまいます。職場などの狭い空間にいる場合は少量、パーティなど広く目立ちたい空間にいる場合は多めにつけたりと、場所に合わせて量を調節しましょう。合コンに行く際は男性を惹きつけるような甘くセクシーな香りを、職場などでは爽やかな香りを、プライベートのお出かけなどでは自分の好みの香りを選んで楽しむこともおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です